現役英語講師が語る!伸びやすい受講生の特徴3つ

勉強法

Erinaです。

「英語学習に時間がかかるのはわかっている。
でも少しでも効率よく、いち早く結果を出したい。」

誰もが思うことですよね。

 

私が今までの講師経験の中で伸びやすい受講生の特徴をまとめました。

現状の自分と比べて、今後の英語学習に参考にしてみてください。

Let’s get started!!!

伸びやすい受講生の特徴3つ

1. とにかく素直

これが一番大切です。

もし、現状先生や講師、コーチの人がいて学んでいるのであれば

その方たちの言うとおりにやってみましょう!

世の中にはいろんな講師の方がいらっしゃいますが、共通して思っていることは

「受講生に結果、成果を出してほしい!」

ということです。

本気で受講生に向きあい、何が合うのか、どうしたらいいのか、を真剣に考えています。

まずは、言われたことを素直に、素直に実行しましょう。

 

もし、ある程度の期間行っても思うような結果が得られないと感じたら

一度他の講師や周りに相談できる人に聞いてみてください。

勉強のやり方はあふれています。講師もたくさんいます。

どのやり方が良い悪い、どの人が良い悪いもありません。

ただ、「自分に合う、合わない」はあります。

 

2. 目的が明確

英語を習う目的、目標は何ですか?

それが、明確か不明確か、具体的か、具体的でないかで差が出てきます。

目的目標が具体的な人は、英語学習に対してモチベーションが下がりにくく、簡単にやめたりしません。

英語学習は本当に「挫けます」(何度挫けて、途中放棄したことか…

挫けるのは、もはや当たり前!

挫けるけど、目的目標が明確なので、すぐに勉強に取り掛かる、また途中放棄をすることが少なくなります。

周りに宣言しておくのも効果的です!

 

3. チャレンジ精神、行動力がある

できるかどうか、わからないけれど

とりあえずやってみよう!」という気持ちを持ち、実際に行動することです。

やってみないと、現状の自分が何ができて、何ができないのかを

把握することができません。

そもそも、できなくていいのです!できないことを発見する場なのですから!

 

実際に私のレッスンでは、定期的に生徒さんに

「(外国人とマンツーマンで話す)外国人レッスンを受けませんか?」と勧めます。

  • 「自信はないけど…やります。
  • 「自信がないので…(まだ)やりません。

どちらの受講生の英語力が上がりそうですか!?

 

外国人レッスンを受けた後の受講生との実際の会話

受講生:「先生、全然話せませんでした。」

私  :「そうですか!何ができないと思いましたか?逆にできたことはありませんでしたか?」

受講生:「○○○と言いたかったのですが、言えなくて…あと(外国人の)先生が言っていたことを理解するのに時間がかかりました…。でも、前よりは英単語を聴きとることができました!前回は全くわからなかったので。」

私  :「すごいですね!リスニングや英単語の発音練習した成果が出ましたね。これからもその練習は続けていきましょう!今日は、その言いたかったことを英語にしてみましょうか。」

 

外国人レッスンにチャレンジした結果、今までの成果を体感することができ、

また課題も見つけることができました。

これを繰り返せば、自然と英語力は身についていきます。

チャレンジは今の自分のデータを収集するためです!

 

最後に

「ご自身の英語を学ぶ目的目標を明確にして、

信頼・尊敬できる講師や先生の言うことを素直に聞いて

どんどんチャレンジしていきましょう!」

 

半年、一年……と半年ペースでやったことに対して

何の力がついているのか、何ができるようになったのか、

逆にまだ何が足りないのか、客観的に分析していきましょう^^

 

私が尊敬している孫正義さん(ソフトバンク株式会社会長)の言葉をご紹介します。

「近くを見るから船酔いするんです。

100キロ先を見てれば景色は絶対にブレない。

ビジョンがあれば、少々の嵐にもへこたれません。」

私が悩んでいるときに先輩が教えてくれました。

今でも大切にしている言葉です。

 

Thanks.

コメント