【超基礎英文法】5文型とは? なぜ理解が必要なの?|一生モノの英語力が身につく

文法

Erinaです。

5文型を理解すること」は英語を学ぶ上で、とても大切です!

なぜなら
ほとんどの文章が5文型のうちのどれかであり、英語を読むときも、作るときも、この文型を理解しているとスムーズにできるようになるからです!!!

「なんか難しそう…」
「会話するときに文型を意識してないから、特にやらなくてもよくない!?」
「文型って言葉は聞いたことあるけど、そんな重要性を感じたことはなかった。」

と思ってやらなかった人がココ(私)、にいます。
そして激しく後悔しております。

構文がわからないと、文章がどういう構造になっているのかわからず(特に長い文章!)
読んでいても意味がわからない…、書けない…、会話する時は単語だけで伝える…
という風になっていました!

これから英語を勉強する方で、

  • 基礎からしっかり習いたい
  • ただ暗記するのではなく、一生モノの英語力を身につけたい

という方は、ぜひこの文型を一緒に学んでいきましょう^^

Let’s get started!!!

記号の解説

文法書を読んでいると必ず出てくる記号
S、V、O、C、の意味をおさえましょう!

「S」(主語=Subject)

文章の主人公になる人、物のことを「主語」と言います。

主語には必ず名詞がきます。

 

「V」(動詞=Verb)

動きを表す言葉です!

主語が「何をするのか」「どんな動作をしているのか」を表します。

 

「C」(補語=Complement)

主語もしくは目的語
何なのか」「どんな状態・様子なのか」を表すものです。

わかりやすくまとめると、
主語=補語」 もしくは 「目的語=補語」 の関係になります。

第2文型と第5文型に補語(C)が出てくるので、そこで詳しく説明します。
補語には、名詞形容詞が入ります。

 

「O」(目的語=Object)

動詞の対象となる人や物、のことを言います。
動詞に対して「何を?」もしくは「誰を?」と聞いた答えが目的語です。

私は食べた → えっ何を? → カレーライスを
(ここではカレーライスが目的語になります。)

目的語には、名詞が入ります。

 

品詞が「???」な人はここでもう一度、品詞の復習をしましょう^^
品詞は英語の土台です。

文型の種類

5種類あります!

一つ一つ見ていきましょう^^

第1文型:SV

日本語訳:「Sが、Vする。」

  • I walked.(私は歩いた。)
  • The game started.(そのゲームは始まった。)
  • The earth moves.(地球は動く。)

文章がSとVだけで完結します。
ここで使われる動詞は目的語を必要としません。こういった動詞を「自動詞」と呼びます。

上の動詞に「えっ何を?」とは聞けませんよね。

私は歩いた → えっ何を? ×
そのゲームは始まった → えっ何を? ×
地球は動く → えっ何を? ×

後ろに副詞(句)を置くことはできます。

  • I walked for an hour.(私は1時間歩いた。)
  • The game started at five.(そのゲームは5時に始まった。)
  • The earth always moves.(地球はいつも動く。)
  • I got there.(私はそこに着いた。)

下線は全て副詞(句)です。動詞を説明していますね。
副詞(句)は文型には関係ありません。

□第1文型の読む(訳す)ときのポイント
たとえ動詞の意味がわからなくても
第1文型であれば「Sが、動く」という意味で捉えることができます!

第2文型:SVC

日本語訳:「Sは、Cです(V)。」

  • I am a teacher.(私は先生です。)
  • He looks fine.(彼は元気に見えます。)
  • The soup tastes good.(そのスープは良い味がします。)

補語のところで説明したように「I = a teacher」「He = fine」「The soup = good」
主語と補語はイコール関係です。

主語が「何なのか(名詞で)」「どんな状態なのか(形容詞で)」説明します。

□第2文型の読む(訳す)ときのポイント
「S=C」
という意味で捉えることができます!

第3文型:SVO

日本語訳:「Sは、OをVする」

  • I put my bag.(私はカバンを置いた。)
  • She likes cats.(彼女は猫が好きです。)
  • I took him to the zoo.(私は彼を動物園に連れていった。)

私は置いた ⇒ 「何を?」 ⇒ かばんを(O)

彼女は好き ⇒ 「何が?」 ⇒ 猫が(O)

私は連れていった ⇒ 「誰を?」 ⇒ 彼を(O)

動詞の対象となる言葉(目的語)が動詞の後ろにきます。
※目的語が必要な動詞のことを「他動詞」と呼びます。

 

第4文型:SVOO

日本語訳:「Sは、OにOを、Vする」

  • I gave my mother some flowers.(私は母に花をあげました。)
  • She lent me her notebook.(彼女は私にノートを貸した。)
  • You have to show me your tests.(あなたは私にテストを見せるのよ。)

私はあげた ⇒ 「誰に?」 ⇒ 私の母に ⇒ 「何を」 ⇒ 花を

彼女は貸した ⇒ 「誰に?」 ⇒ 私に ⇒ 「何を?」 ⇒ 彼女のノートを

あなたは見せる ⇒ 「誰に?」 ⇒ 私に ⇒ 「何を?」 ⇒ あなたのテストを

 

第4文型の場合、「誰に?」⇒「何を?」の順番で並べていくことがポイントです!

※文法書では1つ目の目的語を間接目的語、2つ目の目的語を直接目的語と呼びます。
(覚えなくても大丈夫です。)

「誰に?」と「何を」を入れ替えることができますが
その場合は、人の前に前置詞「to」か「for」が必要になります。意味は同じです。

  • I gave some flowers to my mother.(私は母に花をあげました。)
  • She lent her notebook to me.(彼女は私にノートを貸した。)
  • You’ll show your tests to me.(あなたは私にテストを見せるの。)
  • My father made a chair for me.(父は私に机を作ってくれました。)

 

□第4文型の読む(訳す)ときのポイント
たとえ動詞の意味がわからなくても
第4文型であれば「Sが、(人)に(物)を与える」という意味で捉えることができます!

 

第5文型:SVOC

日本語訳:「Sによって、OがCになる(V)。」

  • The news made me happy.(そのニュースは私を幸せにした。)
  • I keep my room clean.(私は部屋をきれいにしておく。)
  • My friends call me Lee.(私の友人たちは私をリーと呼びます。)

主語によって(主語が原因で)、「me = happy」「my room = clean」「me = Lee」になる。というのが第5文型です。
目的語と補語がイコール関係になります。

主語によって、目的語が「何になるか(名詞で)」「どんな状態なるのか(形容詞で)」説明します。

□第5文型の読む(訳す)ときのポイント
たとえ動詞の意味がわからなくても
第5文型であれば「Sによって、O=Cになる。」「Sが、O=Cにする(させる)。」という意味で捉えることができます!

 

最後に|なぜ5文型を理解した方がいいの?

どんなに長ーーーい文章があったとしも、基本はこの5文型のどれかに当てはまります!

そうなんです!この5つをおさえておくと、どんなに長い文章でも読むことができます^^

まずは短い文章からでいいので、今から読む文章は「何文型なんだろう…?」と意識することから
始めてみると英語の構造がだんだんとわかってきます!

 

第5文型(SVOC)
Everyone in my family found the new microwave I bought high-spec.
(家族のみんなは、私が買った電子レンジが高性能だということに気づいた。)

主語(S) = Everyone in my family
動詞(V) = found
目的語(O) = the new microwave I bought
補語(C) = high-spec

find O C → OがCだと気づく(わかる) です。
「the new microwave I bought = high-spec」の関係が成り立っています!

 

Thanks.

コメント