【超基礎英文法】Be動詞とは? ※「~です。」で覚えていませんか?

文法

Erinaです。

英文法を習う時に一番初めに登場するBe動詞。

Be動詞を「~です。」だと捉えていませんか!?

間違ってはいないですが、それだけだと非常にもったいないです。

訳すときは簡単かもしれませんが、英作文を作ろうとするとき、Be動詞を「~です。」と思っていると、使いにくいです。

今回は一緒に詳しくBe動詞をみていきましょう!

Let’s get started!!!

Be動詞について

Be動詞の種類

「be」です!一つだけです。

am,are,isなどはbeが主語によって変化したものになります。

活用表

原形であるbeから変形したものです。

変形の仕方について

「am」

主語が「I」の時に「am」になります。

「are」

主語が「you」「we」「they」「these」「those」「名詞(複数形)*」の時に「are」になります。

*名詞(複数形)とは
名詞の数が2つ、2人以上あることです。
主に名詞の語尾に「s」「es」ついたり、語尾の「y」をけして「ies」がついたりします。
他にも、複数形になると形が変わるものもあります。
cats,apples,buses,babies
women(womanの複数形),children(childの複数形)

「is」

主語が「she」「he」「it」「this」「that」「名詞(単数形)*」の時に「is」を使います。

*名詞(単数形)とは
名詞の数が1つ、1人であることです。
s,es,iesなどはつきません。名詞そのものの形です。
a cat,an apple,a bus,a baby,a woman,a child
主に一つを表す冠詞「a,an」が付きます。

「was」

主語が「I」「she」「he」「it」「this」「that」「名詞(単数形)*」で
過去のことを言いたいときに「was」になります。

「were」

主語が「you」「we」「they」「these」「those」「名詞(複数形)*」で
過去のことを言いたいときに「were」になります。

Be動詞の意味

下記の3種類で定義しています。

  1. (主語が)~として存在している
  2. (主語が)~という状態で存在している
  3. (主語が)~に存在している

はい!わかりにくいですよね。ごめんなさい。定義は大切なので書かせてください。

これを踏まえたうえで
Be動詞とはすなわち、「存在している」ことを意味しています。

そして、大切なのは「特に動きがない」ということです。

例文を見てみましょう。

  • I am Erina.(私はエリナです。)
  • She is a teacher.(彼女は先生です。)
  • You are happy.(あなたは嬉しいです。)
  • My cup was on the desk.(私のコップは机の上にありました。)

上記の文章全てに共通していることは、主語が存在していることと、具体的な動きがないことです。

一般動詞は「eat(食べる)」「go(行く)」「speak(話す)」など具体的な動作を示します。

Be動詞は「動詞」と言われていますが、具体的な動作は表しません。

「存在している」という動作を表します。「いる、ある」です。

【私のBe動詞のイメージ】

疑問文(Be動詞の文章)

Be動詞のある文章を疑問文「~ですか?」としたいときは

Be動詞を主語の前に持ってきてください。それで疑問文の完成です!

先ほどの例文を使って疑問文を作ってみます。

  • Am I Erina?(私はエリナですか。)※記憶喪失になった感ありますが。文法上は正しいです。
  • Is she a teacher?(彼女は先生ですか。)
  • Are you happy?(あなたは嬉しいですか。)
  • Was my cup on the desk?(私のコップは机の上にありましたか。)

日本語で疑問文を作る場合、語尾に「か」をつけます。

英語では文章の先頭をイジリます。(主語の前にBe動詞を持ってくる)

ぜひ話すときは語尾を上げて、聞いてるような感じで話すといいです^^

否定文(Be動詞の文章)

今度は否定文「~ではありません。」と言いたいときは

Be動詞の後ろに「not」をつけます。

同様に先ほどの例文を使って作ってみます。

  • I am not Erina.(私はエリナではありません。)
  • She is not a teacher.(彼女は先生ではありません。)
  • You are not happy.(あなたは嬉しくありません。)
  • My cup was not on the desk.(私のコップは机の上にありませんでした。)

Be動詞の便利な表現 10個

  1. Be quiet.
    (静かにしなさい!)
  2. I’m in trouble now.
    (私は今、困っています。)
  3. It’s on me today.
    (今日は私のおごりです。)
  4. The sun is up.
    (太陽が出ています。)
  5. I was down with a cold yesterday.
    (私は昨日、風邪で寝込みました。)
  6. I’m off today.
    (私は今日休みです。)
  7. The meeting is over.
    (その会議は終わっています。)
  8. He is out today.
    (彼は今日、外出しています。)
  9. I’ll be back soon.
    (すぐに戻ってきます。)
  10. She is away from her desk.
    (彼女は席をはずしています。)

最後に

Be動詞のイメージを捉えることができましたか?

「存在している」ことを意味し、「具体的な動きはない」です。

文章を作るときに「主語」と「動詞」を明確にすることが大切です。
(→簡単!英作文をつくるための3つのコツ でお話ししております。)

英語の文章を作ろうとするとき、動詞がBe動詞なのか一般動詞なのかわからなくなるときありませんか?

もし迷ったらBe動詞である可能性は高いです!

迷う(なぜ?) → 具体的な動きがないから → 何を使ったらいいんだ!?

(具体的な動きがあれば、迷うこともなく一般動詞を当てはめていると思います。)

迷う(なぜ?) → 具体的な動きがないから → もしかしたら、Be動詞かも…

と思考を変えてみてください。文章が作りやすくなります^^

 

Thanks.

コメント

  1. […] Be動詞についての更に詳しい記事はコチラ! ⇒Be動詞とは?※「~です。」で覚えていませんか? […]