【継続できない方へ】英語の勉強を継続するためにやる3つのこと【シンプルです】

勉強を継続するために 勉強法

Erinaです。

こんな経験はありませんか?

・よし!TOEICで良い点数を取るために勉強をしよう!と意気込んだものはいいものの、勉強が続かない…
・英語の教材を買ったが、一冊やり終えたことがない…(教材が家に山積みに)
・毎年、英語の勉強をする!と言ってやれてない…忙しいからさ。

わかってはいるけど、続かないんです!
継続ができない自分って本当にダメな人間だ…!と責める必要はありません!

英語の勉強だけでなく、資格取得のための勉強、習い事など継続したいことにも生かすことができます!

Let’s get started!!

勉強が継続できるためにする3つのこと

  1. 目的を明確にする
  2. 環境を整える
  3. 最低行動目標と最高行動目標を立てる

1. 目的を明確にする

あなたは何のために、英語の勉強をしますか?

目的とは、最終的に自分がたどり着きたいゴールです。

・海外で就職や転職をしたいから
・海外に住みたいから
・日本にいる外国人に日本文化を説明したい、日本を案内したいから
・世界に出て海外の文化や歴史を学びたいから

など。勉強する目的は人それぞれです。

他人が決めた目的ではなく、ご自身の目的を明確にしましょう。
紙に書いて目に入るところに貼っておくと、自然と意識するのでオススメです。

目的はより具体的に書きましょう!以下の質問に答えてみてください。

なぜ英語を習得したいですか?
もしも英語が流ちょうに話せたら、何がしたいですか?

出た答えに対し、

なぜそう思ったのですか?
きっかけ、動機は何ですか?
いつまでに、そうなりたいですか?

なぜ?どうして?と自分に質問して深堀りしていくと、
目的が詳細かつ具体的に、なっていきます。

2. 環境を整える

人間の意志は弱いです。
意志の弱さを認めつつ、対策を練ることが大切です。

「気合いと根性だー!」と言うより、環境を整えましょう。

私が実際に行っている方法を3つ、ご紹介します。

①:机の上、手の届くところに何も置かない

スマホ、漫画など
ついつい見てしまう、触ってしまうものは遠ざけて、気持ちよく勉強できる空間を作りましょう。

音やバイブが鳴ると気になるので、聞こえないようにしておきましょう。

 

②:外に出る

家の中には誘惑が多いです!
部屋の中にいると誰からも見られることがないですし、好き勝手できます。

勉強しやすい空間を作っても、どうしても集中できない、勉強できない場合は外に出ましょう!

持ち物は極力少なくしましょう。たくさん持っていってもできません。
やることをあらかじめ決めて、参考書2~3冊まで、筆記用具と辞書のみ。

外に出て作業、勉強する際に集中してできます。

自由がきかないところに行くと、決めたことしかできなくなります。

 

③:人に約束(宣言)する

自分との約束を守れるのは本当にすごいです!(私は破り倒しています)

友人と待ち合わせをすると、遅れるわけにはいきませんよね?

人に約束(宣言)することで気が引き締まりますし、
やらなければ…!という気持ち、覚悟が芽生えてきます!

もし、人と約束するのはちょっと…(めんどくさい、恥ずかしい)と思う方はSNSで宣言してみましょう。

破ったところで罰はありませんし、宣言しても数日経てば、見た人は忘れています。
宣言した本人は覚えていますので、継続しよう!という気持ちになります。

宣言することで同じように勉強を頑張っている人に出会うことができます。

勉強は時々、孤独を感じます。
そんな時、同じように頑張っている仲間を見ると、もう少し頑張ろう!とモチベーションになります。

 

3. 最低行動目標と最高行動目標を立てる

非常に重要です。
どのような目標設定を立てていますか??

例えば「次のTOEICテストで、600点以上取る」を目標にしましょう。

それを達成するための最高行動目標を決めます。

最高行動目標とは、これができたらすごい!自分の目標を達成できそう!
と思える目標のことです。

□最高行動目標:例
・毎日3時間、英語(TOEIC)の勉強をする
・買った過去問題集を1か月間で、5周する
・1か月で文法書を全てやりきる

張り切って行動目標を立てたものはいいものの、出来ない日がある。

自分を責める「あーまた、今日もできなかった。もういっか。」とやらなくなる。
そして教材がどんどん、増えていく。(これは私の経験談です)

継続して勉強を進めるためには
最低これくらいなら、毎日必ずできる!」と思える行動目標も同時に設定しましょう。

できない、とは言い訳できないくらい、小さーく、低ーい目標を決めることです!

これは人と比べないでください!上を見たらキリがありません。

自分の今いる状況を素直に見つめて、「まあ、これぐらいなら毎日できるかな」と思える行動目標を設定しましょう。

□最低行動目標:例
・英語教材を1ページ読む
・英作文を1文作る
・英語関連のYouTube動画を1つ観る

基本は、最高行動目標をやるようにしてください。
毎日の生活の中で目的を明確にしていても、環境を整えていても、何か起こります。

何か予想外のことが起こっても、最低これはできる!という行動目標を達成していけば
「継続」はできています。

やる内容の多い、少ないは関係ありません。
大切なのは「継続」することです。

この継続のリズムを自分の中で作っていきましょう。

最低目標でも続けていくと慣れてきます!
そして、自信になります。

 

最後に|何度も行動目標は見直そう

自分の生活スタイルに合わせて、行動目標は定期的に見直しましょう!

続けることができたら最低目標行動の量を増やして、無理そうだったら減らしましょう!

自分の生活、仕事や家族との時間とじっくり向き合って
できること、できないことを明確にしましょう^^

他人の勉強量と比較する必要は一切ありません!(参考はOK!

自分に合った目標、行動内容、勉強方法は自分で試していくしかありません。

優れた教材、勉強方法は世の中に溢れています。

他人にとっては良いものだったとしても、自分に合うかどうかはわかりません。
その人とあなたの生活スタイルは違いますから。

方法を楽しみながら挑戦していきましょう!

決めたことができなかったからといって、落ち込まないでください。
それは単にあなたに合わなかっただけです。

自分の状況をしっかり向き合いながら、次の対策を考えましょう!

 

Thank you.

コメント