英文法 英語

【基礎英語】よく使う前置詞10選|イメージと例文で使えるようになる!その②

Erinaです。

・前置詞って聞くだけで、難しいイメージ…。
・いくつも意味があって、わかりません…。
・英語が苦手になった理由は「前置詞」です。

前置詞は短い単語ですが、よく使われているのに、捉え方がたくさんあって、混乱しますよね…。

今回はよく使う、前置詞10個(up, down, over, under, about, around, into, during, among, through)をまとめました!

イメージで捉えて、より多くの例文に触れることで

「(なんとなく)前置詞ってこういうこと!?」 ⇒ 「こういう使い方か!なるほど!」

に変わっていきます!そのためには、何度もこの記事を読んでくださいね^^

前置詞を理解すると、句動詞(動詞と前置詞の組み合わせ)の意味も、覚えやすくなります!

Let’s get started!!!

 

■:前置詞とは?前置詞の働き

名詞の前に置いて、場所や目的、日付などの(位置)関係を表す言葉」です。

前置詞の後ろは、基本「名詞」がきます。代名詞や動名詞、名詞句、名詞節を置くこともできます!

文章中のはたらきは、基本以下の2つです。

①:形容詞のはたらき(=名詞を説明)

The book on the chair is mine.
イスの上にあるその本は私のものです。(イスの上にある → その本[名詞])

本[名詞]が、どこにあるのかという位置を説明していますね。

②:副詞のはたらき(=名詞以外を説明)

I run in the park every morning.
私は毎朝、公園内で走ります。(公園内で → 走る[動詞])

走る[動詞]という動作が、どこで行われているのかを説明していますね。

主に2つの働きをしますが、「名詞」として主語になるときもあります。

Under this bed is very dark.
このベッドの下は、とても暗い。

英語は「位置(どこに置かれているか)」がとても大切です。

参考記事
【基礎英文法】5文型とは? なぜ理解が必要なの?|一生モノの英語力が身につく

Erinaです。 「5文型を理解すること」は英語を学ぶ上で、とても大切です! なぜなら ほとんどの文章が5文型のどれかであり、英語を読むときも、作るときも この文型を理解していると、スムーズにできるよ ...

 

■:前置詞の覚え方

①:基本的なイメージを把握する
②:より多くの英文に触れる(読む、聴く、話す)

イメージを把握したら、より多くの英文に触れましょう!使いましょう!
そうすることで、忘れにくくなります。

 

■:よく使う!前置詞10選

① up:上へあがっていく

「up」は上へあがっていく、上昇していくイメージです。動きがともなっています。
上昇していくことをイメージしながら、例文に触れていきましょう。

あるところまで上昇することから、完了のイメージも持っています^^

●上昇

Keep it up.
諦めないで。

He gets up at 7 every day.
彼は毎日、7時に置きます。

I just grew up in the countryside.
私は田舎で、育ちました。

We’ll sober you up.
酔いをさまそう。

I wish you hadn’t seen me throw up.
吐くところを、あなたに見せたくなかったのに。

Maybe this will cheer you up.
これで元気になるわ。

I came up with a couple cost-cutting solutions.
コスト削減の解決策を思いついた。「come up with:~を思いつく」

Do you want me to pick you up?
迎えに行きましょうか?「pick (人/物) up:(人/物)を拾い上げる、迎えに行く」

You can’t connect with that person unless you show up.
行かなきゃ(現れなきゃ)、誰ともつながることはできないよ。

It's going to clear up in the afternoon.
午後には晴れる予定です。

I have to keep up with the times.
時代についていかなきゃ。

To make up for being late, I’ll treat you for lunch.
遅刻したおわびとして、昼食をおごるよ。「make up for:~の埋め合わせをする、~を補う」

●完了

They broke up.
彼らは破局しました。

Should I think about what you’re giving up?
何を諦めるのか考えた方がいいのかな?

I ended up telling her everything.
結局、彼女にすべて話したよ。「end up Ving:結局~する」

Somebody else might have hung up on you.
誰かが電話を切ったかもしれない。「hang up on:(~の)電話を切る」

 

② down:下へさがっていく

「down」は下へさがっていく、下降のイメージです。
下降していくことをイメージしながら、例文に触れていきましょう。

あるところまで下降していくことから、停止の意味も持ちます。

●下降

Calm down!
落ち着いて!

I felt down about the test.
テストで落ち込んだ。

I’m letting you down.
私、あなたを失望させてるよね。

You’d better leave because you’re bringing the whole vibe down.
帰ってくれ、雰囲気を盛り下げている。

Please walk down this street.
この道を歩いていってください。

There is no harm in putting my name down.
名前を書くだけなら害はないわね。

She turned them down.
彼女は、それを断った。「turn down:~を断る」

These shirts have been marked down by 40%.
これらのシャツは40%の値下げをしている。

She might come down with the flu.
彼女はインフルにかかっているかもしれない。「come down with:(病気など)にかかっている」

I should cut down on carbohydrates.
炭水化物を控えるべきだね。「cut down on:~を減らす」

Please write down the information.
情報を書き留めてください。

●停止

Due to the pandemic, a lot of restaurants closed down.
パンデミックのせいで、たくさんのレストランが閉店した。

The company went down in 2000.
その会社は2000年に倒産しました。

My car is likely to break down.
私の車は故障しそうだ。

 

③ over:越え[またぎ]ます!!

「over」は何かを越える、またぐイメージです。
何かを越える、またぐことをイメージしながら、例文に触れていきましょう。

He has over 150 million subscribers.
彼には、1憶5000千人以上の登録者がいます。

I've lived in Japan for over 20 years.
20年以上、日本に住んでいます。

Thank you for putting the blanket over me.
ブランケットをかけてくれて、ありがとう。

Turn it over.
裏返しにしてください。

My cat climbed over the fence.
私の猫が柵を乗り越えた。

Never give up until it’s over.
終わるまで、諦めないで。

No matter how hard you try, you can’t win over your father.
どんなに頑張っても、お父さんを説得できないよ。「win over:~を説得する」

I’m Joey, the person who’s taken over your job.
私はあなたの仕事を後任する、ジョーイです。「take over:~を引き継ぐ」

They made many mistakes and had to do it over.
彼らはたくさんの間違いをしたので、やり直さないといけなかった。「do over:やり直す」

My best friend finally got over the breakup with her ex-boyfriend.
私の親友はついに、元カレとの破局を乗り越えた。「get over:乗り越える」

My aunt comes over once a month.
私の叔母は月に1度、やって来ます。

I called for a taxi to pull over and stop.
タクシーを呼んで、脇へ停車してもらった。「pull over:(車・人などを)道の片側に寄せる」

 

④ under:何かの(真)下に

「under」は何かの下にあるイメージです。
何かの下にいることをイメージしながら、例文に触れていきましょう。

There is a cat under a tree.
木の下に1匹の猫がいます。

He is under 18 years old.
彼は18歳未満です。

As long as you’re under my roof, you’re going to live by my rules.
この屋根の下にいる限り、私のルールにしたがってください。

We’re under strict curfew at the time.
厳しい門限があるんだ。

The road is under construction.
その道は、工事中です。

Everything is under control.
全ては順調です。(すべては制御できている。)

The process should be completed in under a minute.
その作業は1分以内に完了するはずです。

メモ

「下」を表す他の前置詞

underneath
何かの下に位置しているけど、覆われていたり、隠れていたりする。

Your postcards are underneath the file. あなたのポストカードは、ファイルの下にあります。

below
ただ単に「下」を表す。あるものより低く位置しているときに使う。

The temperature was below zero. 気温は氷点下でした。

 

⑤ about:ぼわ~っと周り

「about」は、ぼわ~っと周りのイメージです。周りから、近さの感覚もあります。
何かの周りにあることをイメージしながら、例文に触れていきましょう。

●約・およそ

I'm about 160 centimeters tall.
私は約160センチです。

Young people spend an average of about three hours per day on their smartphones.
若者は1日平均、約3時間スマホを使っています。

●~について

Don't worry about me.
私のことは心配しないで。

I'll talk about your promotion.
あなたの昇進について、話をしようか。

Do you mind if we ask you some questions about the father?
お父さんのことを、聞いてもいいかな?

Just remember how crazy I am about you.
覚えておいてほしい、僕は君に夢中だよ。

Let me think about my career.
私のキャリアについて、考えさせて。

Why are you so upset about us moving?
なぜ僕たちの引っ越しすることで、そんなに怒ってるの?

●be about to ~ :~しそう

toの周り[about]に、存在している[be]から、「~しそう。」

The concert is about to start.
コンサートが始まるよ。

I'm about to leave here.
出発するところだよ。

 

⑥ around:まるっと周り

「around」は、まるっと周りのイメージです。ぐるっと円を描くイメージです。
まるっと周りにあることをイメージしながら、例文に触れていきましょう。

I want to travel around the world.
世界中を旅行したい。

I’ll just be waiting around here.
私はこのあたりで待ってるね。

There is a hospital around the corner.
その角を曲がったところに、病院があります。

We'll meet there around 5.
5時ごろに、そこで会おう。

I'll show you around.
ご案内します。

My mother put her arms around me.
お母さんが抱きしめてくれた。

Maybe we just need to be around more stimulating people.
もっとアクティブな人と付き合おう。

We were wondering if we could just take a look around.
ちょっと見て回ってもいいですか?

Do you want me to stick around until she gets here?
彼女が帰ってくるまでここにいてくれるかい?「stick around:そのあたりにいる」

I got around to watching dramas.
ドラマを観る時間ができた。「get around to:~する時間の余裕ができる」

 

⑦ into:中へ、向かう

「into」は、inとto、2つが合わさっているので、中へ向かうイメージです。
空間の中とそこへ向かう動きが、合わさっています。

I'm into fishing.
釣りにはまってます。

I got to watch him grow into this awesome person.
素晴らしい成長を見ることができた。

I was at the airport getting into a cab.
空港でタクシーに乗り込もうとした。

He gets really into how beautiful he is.
彼は自分が美しいと思い込む。

He talked his father into buying a car.
彼はお父さんを説得して、車を買ってもらった。「talk (人) into ~:人を説得して、~させる」

You will not believe who I just ran into.
びっくりする人に偶然会ったよ。「run into:~にばったり会う」

I bumped into my old friend at the station.
古い友人に駅で、偶然会ったよ。「bump into:~にばったり会う」

I got us into this trouble.
私がこの問題に巻き込んだきっかけだった。「get (人) into: (人)を~に陥れる」

I’m laying into the delivery driver.
配達員に文句を言っている。「lay into:非難する、攻撃する」

We just need some time to settle into these new rules.
新しいルールに慣れるまでは、時間がいるよね。「settle into:落ち着く、慣れる」

You should take a location into consideration when you look for an apartment.
マンションを探すときは、立地を考慮すべきだよ。「take (名詞) into consideration:(名詞)を考慮に入れる」

 

⑧ during:~の間(特定の期間)

「during」は、具体的な期間、特定の期間の間を表現する時に使います。
duringの直後にくる単語を意識しながら、例文に触れていきましょう。

During the pandemic, a lot of restaurants closed down.
パンデミック時に、たくさんのレストランが閉店した。

I was in hospital for a week during the winter.
夏に私は1週間、入院していた。

You spoke very well today during our free conversation.
今日のフリートークでたくさん話してくれたね。

Did you see any beautiful scenery during the trip?
旅行中に、美しい景色見た?

I drink a cup of coffee during taking a break.
休憩中に1杯のコーヒーを飲みます。

When I was the busiest, I had lunch during driving.
めっちゃ忙しかった時、運転中にランチを済ませた。

This expression was first used in the US during the 19th century.
この表現は、19世紀にアメリカで初めて使われた。

I often fall asleep during classes when I was a university student.
大学生の頃、授業中によく寝落ちしてた。

I want to make a lot of friends during my stay in China.
中国での滞在中に、たくさんの友人を作りたいな。

 

⑨ among:ごっちゃの中

「among」はごちゃっとした(集合体)の中に、のイメージです。

Pets became popular among the middle classes in England.
イギリスの中流階級の間では、ペットが人気を博した。

Which places in your country are popular among foreign tourists?
あなたの国では、外国人観光客に人気のある場所はどこですか?

Mt. Fuji is among the highest in Japan.
富士山は日本で最も高い山の一つです。

Among mystery novels, this is the best.
ミステリー小説の中で、これが1番だ。

The teacher chose him as a captain from among students.
生徒たちの中から、先生は彼をキャプテンに選んだ。

 

⑩ through:(空間を)通り抜けて

「through」は、(空間を)通り抜けるイメージです。
通り抜けることから、「スタートからゴールまで」のニュアンスも持っています。

You can see the plans at the gates through the falling snow.
雪が降っている中、ゲートにある飛行機が見えますね。

We can easily get information through social media.
ソーシャルメディアを通して、簡単に情報を入手できる。

Our objective is to get people to be more active through sports.
私たちの目標は、人々がスポーツを通してもっと活動的になってほしい。

He just doesn’t want us to go through any trouble.
彼は私たちにただ、面倒なことをさせたくないのよ。「go through:通り抜ける、経験する」

My professor looked through his student' theses.
教授は学生の論文に目を通した。「look through:(ざっと)目を通す」

He's almost through his prescription.
彼の処方箋がもうすぐ切れる。

Could you put me through to the Personnel Department?
人事課につないでくれませんか?「put through:電話をつなぐ」

I have the new idea to get me through this difficult time in my life.
この人生の難局を乗り切るための新しいアイディアがある。

I’ll always be your side through thick and thin.
良い時も悪い時も、私はあなたの味方です。「through thick and thin:良い時も悪い時も、どんなことがあっても」

 

前置詞のイメージと、例文を何度も音読することで使い方が身についていきます!
Just keep going!

 

【参考文型】

長年愛用している書籍です^^ 他の前置詞や、今回載せきれなかった表現などが、たくさん載っているので、もっと前置詞について知りたい!極めたい!という人におすすめです。

 

Thanks.

おすすめ記事
【基礎英語】よく使う前置詞10選|イメージと例文で使えるようになる!その①

Erinaです。 ・前置詞って聞くだけで、難しいイメージ…。 ・いくつも意味があって、わかりません…。 ・英語が苦手になった理由は「前置詞」です。 前置詞は短い単語ですが、よく使われているのに、捉え方 ...

-英文法, 英語