まぎらわしい!分詞構文と不定詞(副詞的用法)の違いを攻略 [基礎英文法]

文法

Erinaです。

・分詞構文と不定詞(副詞的用法)の区別がつかない!
・そもそも、分詞構文とは?不定詞(副詞的用法)とは?
・どういう時に、使うの?

こういった疑問に答えます。

Let’s get started!!!

 

■1.分詞構文とは?不定詞(副詞的用法)とは?

品詞 動詞の形 文法書に書かれている意味
分詞構文 副詞 動詞の進行形
(Ving)
・~しながら…
・~そして…
・~のとき…
・~なので…(原因・理由)
不定詞(副詞的用法) 副詞 to 動詞の原形
(to V)
・~するために…(目的)
・~して…(感情の原因・理由)
・~だから…(判断の根拠)
・~したら…(結果)

二つに共通していることは、「副詞」であることです。

副詞は、名詞以外(動詞、形容詞、文全体)を説明します。

※過去分詞形での、分詞構文もありますが
本記事では、分詞構文の進行形の形のみ、の説明となります。

それぞれの意味の、例文を見ていきましょう。

分詞構文の例文

[~しながら]

I was on the bed, reading a book.
本を読みながら、ベッドにいました。

[そして~]

My mother cooks, using many spices.
母は、たくさんのスパイスを使って、料理をします。

[~のとき]

Arriving at the bus stop, I found the bus I had to get on had already left.
バス停についたとき、私が乗るべきバスがすでに出発していたことがわかった。

[~なので:原因・理由]

Being so exhausted, I went to bed early.
とても疲れ切っていたので、早めに寝ました。

 

不定詞(副詞的用法)の例文

[~するために:目的]

I have to save money to buy a new laptop.
新しいノートパソコンを買うために、貯金しなきゃ。

[~して:感情の原因・理由]

I’m happy to meet you.
あなたに会えて、嬉しいです。

[~だから:判断の根拠]

I was disappointed to know the team lost.
そのチームが負けたことを知って、がっかりした。

[~したら:結果]

My son grew up to become a singer.
息子は成長して、歌手になった。

 

意味が多い!覚えられない!と思いませんか?
それにネイティブが、これらを全て使い分けているとは、思えません!

分詞構文と不定詞(副詞的用法)の意味を見ると
どちらにも原因・理由があります。

これはもう、混乱しますよね。
大丈夫です。それぞれの特徴がわかれば、使い分けることができます。

 

■2.分詞構文と不定詞(副詞的用法)を簡単に使い分ける方法

シンプルに核のみ、おさえていきましょう!

分詞構文:同時進行

分詞構文の形を見ると、、、動詞の進行形です。

もう一度、言います。「動詞の進行形」です。

動詞の進行形は「今まさに~している最中です。」という意味を持っています。

形から見てわかる通り、進行している
すなわち、分詞構文を挟んだ文章は、同時に起こっていることを表します。

先ほどの例文では、意味は分けられていましたが
全て同時点で、行われています。

その(状態の)まま、~する。」という感覚を持っていれば
大体の文章の意味を、捉えることができます!

 

I was on the bed, reading a book.
「本を読む」と「ベッドにいる」は同じ時:ベッドにいる状態のまま、本を読む。

My mother cooks, using many spices.
「母は料理する」と「たくさんのスパイスを使う」は同じ時

Arriving at the bus stop, I found the bus I had to get on had already left.
「私がバス停についた」と「乗るべきバスがすでに出発していたことがわかった」のは同じ時

Being so exhausted, I went to bed early.
「疲れ切っていた」と「早めに寝た」は同じ時:とても疲れ切っていた状態のまま、私は早めに寝た。

 

不定詞(副詞的用法):目的

不定詞の形は、「to+動詞の原形」です。
toの後ろには、目的地(ゴール)がきます。

I went to the museum.
美術館へ行った。

美術館は向かう目的地、ゴールです。

不定詞でも、toの感覚は同じです。

行動に対する目的を、to以下の文章で説明します。

~をする、…のため」という感覚を持っていれば
大体の文章の意味を、捉えることができます!

ただし、目的の訳に当てはまらないときは

  • 結果「~したら…だった。」
  • 理由「~だから」(※その感情[状態]になった理由)

のどちらかで、訳してみると当てはまります!

 

I have to save money to buy a new laptop.
私は貯金しなきゃいけない。(目的)新しいノートパソコンを買うため

I’m happy to meet you.
私は嬉しい。(感情の理由)あなたに会えたから。

I was disappointed to know the team lost.
私はがっかりした。(感情の理由)そのチームが負けたことを知ったから。

My son grew up to become a singer.
息子は成長した。(目的)歌手になるため。→違和感を感じたときは「結果」
息子は成長して、(結果)歌手になった。

 

分詞構文と不定詞(副詞的用法)をイメージで、とらえていきましょう。

分詞構文 ⇒ 同時進行

I was on the bed, reading a book.

不定詞(副詞的用法) ⇒ 目的

I have to save money to buy a new laptop.

 

分詞構文と不定詞(副詞的用法)の原因・理由の使い分け

分詞構文も、不定詞(副詞的用法)の意味の中に、原因・理由があります。

 

分詞構文の原因・理由

①:状態(感情)が理由の時

Being so exhausted, I went to bed early.
とても疲れ切っていたので、私は早めに寝ました。

状態:とても疲れ切っていたから(理由)
行動:早めに寝た

 

Being in hurry, I picked up a taxi.
急いでいたので、タクシーを拾った。

状態:急いでいたから(理由)
行動:タクシーを拾った

 

②:それ以外の理由

Not knowing what to do, I asked my teacher.
何をすべきかわからなかったので、先生に尋ねた。

Having read the novel, I knew about the story.
(すでに)その小説を読んでいたので、私はどんな話か知ってた。

Never having talked to his boss before, he was nervous. 
彼は今までに、一度も上司と話したことがなかったので、緊張した。

ポイント

  • 分詞構文の否定形は、分詞構文の前に、not, neverを置きます。
  • 「having+過去分詞形」で主節文章よりも、前のことを表します。

 

不定詞(副詞的用法)の原因・理由

主語がその、感情や状態になった理由を表したいとき、に使います。

不定詞(副詞的用法)で原因・理由を表すときは、前に形容詞があります。

I’m happy to meet you.

感情:嬉しい
理由:あなたに会えて

I was disappointed to know the team lost.
そのチームが負けたことを知って、がっかりした。

感情:がっかりした
理由:チームが負けたことを知った

He must be rich to have some cars.
数台の車を持っているから、彼はお金持ちに違いない。

状態:お金持ちに違いない
理由:数台の車を持っている

 

まとめると…

分詞構文 ⇒ いろんな場面がある
不定詞(副詞的用法) ⇒ 形容詞(感情・状態)の理由

 

■3.分詞構文と不定詞(副詞的用法)を使う時

使いこなすためには!
シチュエーションを想像しながら、多くの例文に触れていきましょう!

  • 分詞構文 ⇒ 同時進行と理由
  • 不定詞(副詞的用法) ⇒ 目的(結果)と感情の理由

という特徴を意識しながら、音読練習すると、感覚がつかめてきます!

分詞構文を使った例文

[同時進行]

I was at the airport, getting into a taxi.
空港にいて、タクシーに乗ろうとしていた。

I’m in the living room, watching movies I recorded.
私はリビングにいて、録画した映画を見ています。

She just ran out of there crying.
彼女は泣きながら、出ていった。

You must be by my side, protecting me.
そばにて、私を守って。

Talking to pretty girls, I’m nervous.
かわいい女の子と話すとき、緊張する。

[理由]

Being a good pianist, she can play many songs.
彼女はすごいピアニストなので、多くの曲を演奏できる。

Not knowing what to do next, I started walking around.
次に何をすればいいか、わからなかったので、周辺を歩き始めた。

Not having slept for 2 days, I couldn’t do anything.
2日間寝ていなかったので、何もできなかった。

Not having been to America before, I was impressed with the statue of Liberty.
アメリカに今まで訪れたことがなかったので、私は自由の女神に感動した。

Not having heard the news, I’m fine.
そのニュースを聞いていなかったので、大丈夫です。

 

不定詞(副詞的用法)を使った例文

[目的]

Mike took his girlfriend to their favorite restaurant to celebrate her birthday.
マイクは彼女の誕生日を祝うために、お気に入りのレストランに、彼女を連れていった。

I study very hard to pass the exam.
試験に受かるために、一生懸命勉強しています。

You have to allow yourself to be weak in order to grow stronger.
より強く成長するためには、自分自身の弱さを認めなきゃ。

I got up early in order not to be late.
遅刻しないように、早く起きました。

in order to~

  • 「目的」の意味を伝えたいときのみ(結果、理由の意味を表すときは、使えない)
  • 否定の意味を入れたいとき「~しないため」は、toの直前に否定語を置く

[結果]

I opened the window to find it was snowing.
窓を開けたら、雪が降っていることがわかった。

I went to the restaurant with my friend only to find it was closed.
私は友人とレストランへ行ったが、定休日であることがわかった。

※only to V(原形) …したが、(結局)~する結果に終わった。

[感情の理由]

I was pleased to see my old friends.
古くからの友人たちに会えて、嬉しかった。

She was really sad to hear the news.
彼女はその知らせを聞いて、とても悲しかった。

 

分詞構文、不定詞(副詞的用法)のまとめ

分詞構文
同時進行と理由
不定詞(副詞的用法)
目的、結果と理由
⇒ 理由に関しては、感情や状態(形容詞)の理由

Thanks.

 

(参考文献) ATLAS総合英語 英語のしくみと表現 ATLAS English Grammar Expressions

コメント