【初心者用】簡単!英作文を作るための3つのコツ

勉強法

Erinaです。

英作文を作るとき、何から書き出していいのかわからない!

作ったはいいが、文章がめちゃくちゃな気がする…(不安)

とお悩みではありませんか?

今回は英語初心者向けて英作文をつくるコツをご紹介します。

Let’s get started!!!

簡単!英作文を作るための3つのコツ

1. 1文を短く、簡潔に。

初めから、長い文章を作りすぎないようにしましょう。(長い文章を書きたい気持ちはわかりますが)

1文、3~5語でもいいです!それを何個も作ることが大切です。

まずは短い文章をたくさん作る
⇓(慣れてきたら)
文章を長くしていく

というステップでいきましょう。

(例)

I went to the zoo yesterday.(私は昨日動物園に行った。)
I saw many animals there.(私はそこでたくさんの動物を見たよ。)
I was happy to see them.(動物たちを見れて嬉しかった。)

2. 主語と述語を明確にする

日本語で話すとき、主語を省略することが多いです。

「昨日動物園に行ったんだよね~。」

主語が抜けていますが、いちいち「私が」と言わなくてもわかるよね、となりますし
相手も「え!?誰が?」とは聞いてきません。

日本語は「空気を読む言語」と言われています。

いちいち主語が「何か」を言わなくても、相手は察してくれます。(便利な言語です。)

英語においては、しっかり主張する必要があります。

誰(何)が」「何をするのか
(主語)    (述語)

をしっかり自分の中で明確にしてから、文章を作ると作りやすいです。

もし、主語がなんだろう?とわからなくなってしまった時は

「何をする」のは「誰(何)?」と自分で聞いてみてください。

文章において、主語と述語はとーっても大切です!

3. 簡単な日本語にする

多くの人は、

自分の考えている日本語の文

そのまま英語に

しようとします。もちろん、理想はそうです。

でも、もしそれが難しい、しんどい…と感じているのであれば、難易度を落としましょう!

難しいと感じる理由は「英語が難しいから」ではありません!

「日本語が難しいからです!」

年を重ねれば重ねるほど、日本語に触れる量は増えていきます。

そうすると、日本語の語彙力は上がっていきます。

日本語のレベルが高いまま、それをそのまま習い始めの英語に当てはめるので

難しく感じてしまうのです。

自分の考えている日本語の文

わかりやすい、簡単な日本語にする
 (小学校低学年生に話すような)

英語にする

このワンクッションを入れるだけで、グンと英語にしやすくなります。

(例)
「私は昨日、火事から避難しました。」
I evacuated from a fire yesterday.

「避難する→evacuate」がパッと浮かべばいいですが、なかなか出てこないですよね。

「避難」を簡単に表現するには?
逃げた、外に出た、と言い換えることはできませんか?

I run away from a fire.
I went out quickly because of a fire.

見たことない!という単語はないと思います。

わかりやすくするポイントは

「小学校低学年生に話しかけるように」です!(何度も言います)

日本語の中に熟語などの難しい表現(英語にしにくい…)が出てきたら
簡単な言葉に言い換えることはできないかな?と考えてみてください。

無理に難しい単語や難しい表現を使おうとせず、今持っている武器で戦いましょう!

武器は徐々に増やしていけばいいのです!

最後に

英作文を簡単に作るコツ

  • 1文は短く、簡潔でいい
  • 主語と述語を明確にする
  • わかりやすい(簡単な)日本語にしてから英語にする

3点を意識してたくさんの英作文を作ると、英語力が上がっていきます!

自分の作った文章が不安であれば、周りにいる英語講師に添削してもらうことをおすすめします!(←これ、とても大切です)

添削ツールで添削してもらうのもいいのですが、話し手の気持ちまでは汲み取ることが難しいので、
私は人に添削してもらうことをおすすめしています。

英語を学ぶと、日本語も学べます。(英語を学びだして、日本語の良さに気づきました。)

日本語は素晴らしく、とても難易度の高い言語です。
そんな日本語を使いこなしている私たち…

だからこそ、英語だってできるに決まっている!と言い聞かせてきました。

諦めず「継続」していきましょう^^

Thanks.

コメント