【混乱しない】過去分詞形4つを整理して、リーディング力を格段に上げる

文法

Erinaです。

・過去分詞がある文章の訳し方がわかりません。
・受動態?完了形?過去分詞で名詞を修飾する…?文法用語ばかりで混乱しています。
役割使い方がわかりません。

こういった疑問にお答えします。

しっかり整理することで、リーディングのスピードが上がります。
ミスリーディングを防げます!!

Let’s get started!!!

過去分詞形の見分け方と使い方:4選

①:受動態
②:完了形
③:過去分詞
④:分詞構文

 

①:受動態

品詞

動詞:主語の動きを表す

意味

  • 受動態(現在) [am/are/is + 過去分詞] 「~される」
  • 受動態(過去) [was/were + 過去分詞] 「~された」
  • 受動態(未来) [will be + 過去分詞] 「~されるだろう」
  • 完了形+受動態 [have/has/had + been + 過去分詞] 「~されている(た)」
  • 進行形+受動態 [be動詞 + being + 過去分詞] 「~されているところだ」

※動名詞+受動態[being + 過去分詞] 「~されること」
→品詞は「名詞」になります。

見分け方

  • 直前にbe動詞がある

 

例文を音読して、受動態の意味と使い方を身につけましょう。

[受動態 現在]

A lot of notebooks are sold.
たくさんのノートが売られている。

The room is booked.
その部屋は予約済みです。

[受動態 過去]

The building was built last year.
その建物は去年、建てられました。

The windows were broken.
その窓は壊されました。

[受動態 未来]

The magazine will be issued next week.
雑誌は来週、発売される予定です。

The work will be finished by Friday.
仕事は金曜日までに、終わる予定です。

[助動詞+受動態]

The tomorrow’s game may be canceled.
明日の試合は、中止されるかもしれません。

The true story should be told.
本当の話は伝わるべきだ。

[完了形+受動態]

Many songs have been made in this room.
たくさんの歌はこの部屋で、作られています。

Many trains have been delayed because of the heavy snow.
大雪のせいで、多くの電車が遅れています。

[進行形+受動態]

Your watch is being repaired.
あなたの時計は、修理中です。

The clothes are being washed.
服は洗濯中ですよ。

 

②:完了形

品詞

動詞:主語の動きを表す

意味

  • 「~し(続け)ている。」
  • 「~したことがある。」
  • 「(ちょうど)~したところだ。」

見分け方

  • 直前に、have/has/hadがある

(参考)【混乱する方へ】現在完了形とは?|過去形との違いがわかる[基礎英文法]

 

例文音読して、完了形の意味と使い方を身につけましょう。

[現在完了形]

We have known each other for 10 years.
私たちは10年間知り合いです。

I have had my dog for 5 years.
私は犬を5年間飼っています。

Have you already met him?
すでに彼に、会いましたか?

My baggage has not come yet.
私の荷物はまだ、来ていません。

Have you ever been to Hawaii?
ハワイに行ったことがありますか?

I have never been to America.
私はアメリカに行ったことがありません。

[過去完了形]

The train had left before I got there.
私がそこに着く前に、(すでに)電車は出発していた。

My wife already had had dinner when I got home last night.
私が昨夜、家に着いたとき、妻はすでに夕食を食べていました。

[未来完了形]

We’ll have known each other for 10 years next year.
来年で、私たちが知り合って10年経ちます。

I’ll have been to Okinawa five times when I go there next month.
来月沖縄に行ったら、私はそこに行くのが、5回目になります。

 

③:過去分詞

品詞

形容詞:名詞を説明する、補語(C)になる

意味

    • 「~された(名詞)」
    • 「(名詞)が~された」

見分け方

    • 補語(C)の位置にある
    • 前後どちらかに名詞があり「~された(名詞)」「(名詞)が~された」と訳せる

 

例文を音読して、過去分詞の意味と使い方を身につけましょう。

[補語の位置]

He lay hidden in the closet. (SVC)
彼はクローゼットの中に、隠れた。

I got my hair colored. (SVOC)
髪を染めてもらいました。

I heard my car number announced. (SVOC)
自分の車のナンバーがアナウンスされるのを、聞いた。

I had my wallet stolen at the station. (SVOC)
駅で、財布を盗まれました。

[名詞を説明]

I like boiled eggs.
ゆで卵が好きです。(boiled eggs=ゆでられた卵)

My father bought a used car.
父は中古車を買った。(used car=使われた車)

We have to repair the windows broken by our son.
息子が壊した窓を、私たちは修理しないといけません。

I like the teacher called “Ken-sensei”.
私はケン先生と呼ばれる先生が、好きです。

 

④:分詞構文

品詞

副詞:名詞以外を説明する

意味

  • 「~されると」
  • 「~されて」

分詞構文は訳のパターンがいくつかあるので、覚えるの大変…!と感じますよね。
分詞構文のポイントは前後の文章が

1. 同時に起こっている
2. 物事が引き続いて起こっている

ときに、使うことができます。

主に、前後の文章の主語の、補足説明をします。

見分け方

  • 前後の文章が完結している。(⇒ 第1~5文型のどれかになっている)

 

例文を音読して、分詞構文の意味と使い方を身につけましょう。

Written in Spanish, the theses are difficult to read.
スペイン語で書かれていて、その論文を読むのは難しい。

Seen from a distance, the castle looked like a mountain.
遠くから見ると、その城は山のように見えた。

Founded in 1990, the company has been famous in the world.
1990年に設立された、その会社は世界中で、有名です。

Known around the world, Bell has won many awards.
ベルは世界中に知られていて、多くの賞を、獲得している。

 

まとめると

品詞 見分け方 意味
受動態 動詞 ・直前にbe動詞 ・~される
・~された
・~されるだろう
完了形 動詞 ・直前に、have/has/had ・~し(続け)ている
・~したことがある
・~したところだ
過去分詞 形容詞 ・補語の位置
・前後に名詞がある
・~された(名詞)
・(名詞が)~された
分詞構文 副詞 ・前後の文章が完結 ・~されると
・~されて

この過去分詞はどうやって、訳せばいいのかな?と思った時
参考にしてみてください!!

 

最後に|5文型の理解が必須

リーディング力を高めるためには、5文型の理解が必須です。

型がわかると、細かく日本語に訳さなくても
英語の意味を捉えることができます!!

 

Thanks.

コメント