【超簡単】英語の発音攻略法 ~First step~

発音

Erinaです。

「発音をどうしたらいいでしょうか」
「何からやっていいのかわかりません。」
「発音記号の理解から始めるべきなのでしょうか…」

など、発音に関する疑問を頂きます。

 

もし英語を使って、コミュニケーションをとりたい!という目的で学んでいるのならば

発音学習を避けて通ることはできません。

 

「でも、発音記号ってよくわからないし…」
「発音の勉強って何から始めていいのかわからない。とりあえず音声聞いとけばいい?」
「私の発音が合っているかわからないよ!」

 

1つのことを攻略していくには段階を踏んでいくことが大切です。

「発音」といってもかなり深いですし、全てを完全にマスターしようとしたら、挫折しやすいです。

まずは自分は何ができるのか?どこにいるのか?(現在地を知る)

そこからゴールに行くために何が必要なのか、材料を集めましょう。

なぜ、私たちは英語の発音を「難しい…」と感じるのか

言語的に違いが大きいから

日本語と英語には違うところがいくつかありません。

何かを攻略しようと思ったら、相手のことを知るのは大切です。

日本語と英語の特徴を学んでいきましょう!

 

日本語の特徴

  • 抑揚がない
  • 子音→母音で音を作る
  • 母音が強い

 

英語の特徴

  • 抑揚がある
  • 日本語にない音がある
  • 母音をあまり強く発音しない

 

抑揚(アクセント)

日本語には英語のような抑揚(アクセント)はありません。

英語は、単語1つ1つにアクセントがありますし、文章も波のような抑揚(強く聞こえるところ、弱く聞こえるところ)があります。

 

母音・子音

日本語は母音が強い言語です。

母音とは、「あa・いi・うu・えe・おo」です。

日本語の文字は、全て母音がついてきます。(‘ん’以外)

例えば「スポーツジム」という単語、「ス(Su)ポ(Po)ーツ(Tu)ジ(Ji)ム(Mu)」という風に母音がありますし、聞こえますよね。

英語は母音の音を日本語のように聞こえません。

 

英語の「like」は「」であり、最後の「ク」の音は小さく、鋭く、発音します。

「‘k’」の音だけです。「ku」ではありません。

このように英単語では小さく、鋭く発音されているところがあります。

なので、「聴きにくい、聴こえない」と思うのは自然のことです。

 

まずはこの違いを「へ~」と受け止めることから始めてみましょう。

 

今回は‘First step’ですので、伝えることは「たった1つ」です。

「アクセント」を意識する

アクセントは、強く、大きく、はっきり発音します。

辞書で単語を調べたときに発音記号の上に「’」がついているところです。

 

「like」を例に説明します。

」です。

「ラ」を強く、大きく、はっきり発音します。

「イ」は普段通りの声量で。

「ク」は小さく、鋭く、弱く発音します。「ku」とは言いません。「k」だけです。

これだけで、「英語っぽい」発音ができます。

「~っぽい」が大切です(First stepですから)。

 

アクセント(力を込めて発音)を意識します。力を込めたら、力を抜く!

力を抜くといい感じで「小」の発音ができています!

力を入れる、力を抜く、ことによって自然と強弱、アクセント、抑揚ができるようになっていきます。

これは生徒さんも試して練習をした結果、「外国人の発音に近づいてきた!」とおっしゃっていただきました。

 

まとめ

英語の発音攻略法(First step)は

アクセント(強弱)を意識して声に出して練習しましょう。」

 

何度も何度も声に出して練習することで、発音が上手になります!

ここでインプットしたら、ぜひアウトプットしましょう^^

 

Siriなどの音声認識で確認してみると、通じたかどうかわかります。

ぜひ試してみてください。

 

Thanks.

コメント