【体験談】ホノルルマラソンに参加して得たもの

海外

Erinaです。

 

2018年12月9日(日)、ホノルルマラソンに参加しました!

 

毎年第2日曜日に開催されています^^

「興味あるけど、迷っている。」

「そもそもホノルルマラソンなんて知らなかった!」

話のネタや、参加のきっかけになったら嬉しいです。

 

Let’s get started!!!

ゴール直後の私です。

 

ホノルルマラソンに参加した理由

知り合いの強烈なレビュー

何人かの知り合いがホノルルマラソンに参加しており、

「絶対に出たほうがいい!参加者しかできない体験がある!」

と勢いのある体験談を聞きました。

 

基本、勧められるとやりたくなるタイプです^^

 

20代のうちに「何か」を達成したかったから

社会人になると、何かを「やり遂げる」という経験が少なくなっていませんか?

昔から「何かしたい」「何かを成し遂げたい」「何かを残したい」「経験をしたい」

という気持ちが強く、この頃は特にそうでした。

 

ノリ・面白そう

初めに言っておきますが、走るのは大の苦手です!

中高と運動部に所属していましたが、走るトレーニングは大嫌いでした。

 

今回は仲の良い友人が「今年参加しましょうよ!」と誘ってくれました。

走るのは苦手、嫌いだけど、この子と一緒なら楽しくなるな!と思い、

出来るか出来ないかは深く考えず、上記2つの理由と最後は「ノリと勢い」で参加を決めました。

 

人生の中で時にこのような「ノリ」は大切だと思います。

「Yes」と答えてから、出来る方法を考えても遅くはないです^^

 

ホノルルマラソンの概要を少し…

参加者

約3~4万人(全世界から)※7歳以上

その内日本人は1万人ほど参加するそうです!

 

こんな素敵な参加者の方がいらっしゃいました!
※写真も快く了承していただきました。

素敵な夫婦♡憧れます…

 

参加費

アーリーエントリー(4月頃) \23,000-
第1期(5月~10月頃) \28,000-
第2期(10月~11月頃) \33,000-

参加を決めている人は早いうちに申込みしちゃいましょう!

※詳しくはオフィシャルサイトを見て確認してください。

 

ホノルルマラソンに参加してよかったこと

自信がついた

今までフルマラソンに挑戦したこともありませんし、

そもそも走ることを好んでしてきていません。

 

「こんな私でも走りきることができた。」

という事実は、自信になりました。

 

ホノルルマラソンは「制限時間がない」というのも魅力の一つです。

最長の人で13時間の人がいました!(半日以上!

そこまで時間をかけてゴールした人がいたと知った時、感動しました。

「諦めない」って素敵だな。

 

過程を楽しむという視点

ゴールするまでの約8時間。正直、かなり辛いです。

 

でもその途中で、ボランティアスタッフの人たちが応援してくれたり、

現地の人たちが応援、差し入れをしてくれたり、素敵な景色に出あったり、

ゴールまでの道のりで起きた出来事が自分の足を一歩一歩、前へ進めてくれました。

 

ゴール(目標や成功)までって長いですよね。

いつ行けるかわからないし、

時々、今いる地点を楽しでみませんか???

楽しむとコンディションが良くなりますし、ゴールへ行きやすくなります。

 

ネタができた

参加したことでブログのネタになりました。

話のネタになりました。

 

達成したとしても、しなかったとしても、

全て「ネタ」ですよね。

悔しかったら対策を考えて、また参加すればいいだけです。それもネタになります。

 

私のタイム

7時間44分」でした。

 

友人と走る前に目標として「8時間以内に走りきる」と決めていました。

スタートしてから(張り切りすぎず)、ずーっと歩いていました。(時速6キロ位を保ちながら)

 

30キロ地点を超えてから、計算して、このままのペースでは8時間切るのは難しそう!と判断し、軽く走りました。
※30キロ過ぎからのランはきついです…

2回のトイレ休憩以外は休まず止まらず、歩き(時々走り)、8時間以内でゴールすることができました。

 

私1人だったら、8時間以内でゴールすることはできなかったです。

横に友達がいて、お互い励ましながら高めあうことができたおかげです。

 

ホノルルマラソンは朝5時スタートで、花火が打ちあがります^^

 

【参考】フルマラソン後の体の状況…

参加した当時の年齢は27歳。

フルマラソンのため、約8か月間、週1で2時間ほどジムで運動はしていました。
(有酸素運動、軽い筋トレ、柔軟運動)

 

走り続けていたわけではないので、上半身は元気でした!
息がしづらいなどの症状はありませんでした。

 

ただ…下半身はゴールした瞬間、崩れました。

「鉛のように重くなる」って今まで体験したことなかったですが、あの時初めてなりました。

自分の体なのに、別物のような感覚でした…

 

昼過ぎにゴールしましたが、ゴール近くで1時間以上動けず。

次の日が悲惨です。

全く動けない

ものすごい、筋肉痛が襲ってきました。あの痛みは人生初です。

その後2日間は足を引きずるような感じで歩いてましたね…
(週1しか運動していなかった自分が悪い、)

 

余裕あるスケジュールをたてることを強くお勧めします。

 

最後に

体の痛みはいつか消えます。(その時はしんどいですけどね。

でも、「経験」は消えません。

 

苦しかった、痛かった、辛かった、も過ぎれば自分の糧!

もっといろんな経験をしていきたいと思う毎日です。

 

Thanks.

ゴール直後にもらえるメダルです。順位関係なく、全員がもらえます!

コメント